台湾の盲人マッサージ

台湾(台北)の地下街を歩いていると『盲人マッサージ』というのをたまに見かける。

(台湾は暑いため、地上ではなく地下(街)にいる人がとても多い)

f:id:tkk193:20180807135227j:image

日本でこのサービスを受けようと思ってもなかなか見つからないし、旅先のテンションで行ってみることにした。

合計で2度行ったのだけど、最初の時は50歳くらいのおじさんがマッサージをしてくれた。

本当にとても上手で、指先の感覚の鋭さは目の見える人を超えている、と感じた。

20分で700円くらい。

気持ち良かったので、チップ込みで1,000円払ってきた。(台湾にチップの習慣はない)

 

帰国の前日、再度あのマッサージを受けようと思い、訪問した。

 

次は20代の女性のマッサージ師の方が施術してくれることになった。

 

その女性は日本語が話せるので少し会話をしてみることにした。

 

覚えている内容は...

・高校生になるくらいから完全に目が見えなくなってしまったらしい。網膜剥離と言っていた。

・片目は完全に見えない、もう片方は辛うじて影が認識できる程度とのこと。

筑波大学へ留学を予定していた(合格もしていた)が、父親が癌になり、断念したとのこと。

・両親は離婚している。

・母親は10歳くらいの頃に亡くなっていて、おばあちゃんに育てられたと言っていたような気がする。(うろ覚え)

・なので、父親にはほとんど会っていなかったようなのだが、父親を置いて留学をするのは気が進まなかったのかもしれない。

・現在は一人暮らしをしている。

・プログラミングをすることができるので、LINEのようなアプリケーションを作っている。

・4カ国語を話す。(日本語、英語【かなり流暢だった】、ドイツ語、中国語)

・盲人の人が働けるように、政府が援助をして、マッサージという仕事が出来るようにした、とのことだったが、今では目が見える人もマッサージをするようになったと言っていた。

 

マッサージはもちろんすごく上手だし、目が見えないのに日本への留学を考えていたというのは本当にすごい。

 

喋っていて、この人は賢い人なんだなとなんとなく感じた。

 

私:「目が見えないのにプログラムの勉強をするのは大変じゃないの?」

 

女性:「点字があるし、今はスマホの読み上げ機能があるから大丈夫だよ」

 

そうか、スマホの読み上げ機能はこういう人にも役に立っているのかと気が付いた。

 

私:「あなたのような賢い人がテクノロジーで便利な物を作ってくれて、きっと目が見えないハンディも今以上に緩和されていくよ」

 

会話も含めて、最高に満足した盲人マッサージだった。