今年は台湾に行くことにした。

今、日本は暑い...。

しかしもっと暑いであろう台湾(台北)に行くことにした。

f:id:tkk193:20180807135350j:image

そして宿泊先にはAirbnbを利用する。(初)

 

今後、気が付いたことを追記していこう。

 

★★★

 

・暑い(35度)

・地上に人が少ない→みんな(クーラーの効いた)地下街にいる

・ボーッとしている人が多い(おそらく暑いため、やる気が出ない)

・朝が遅い(11時くらいから店が開き始める)

・夜でも人がいっぱい歩いている(昼間は暑いので、夜に外を出歩く)

・日本語を喋れる高齢者の人がいる

親日な印象を受ける

・英語より日本語の方が通じる??

・英語表記のない店も多く、漢字だけどほぼ理解できない(特に食事系)

・日式〇〇のような表記をよく見かける(日本ブランドが有効)

・上海や香港に比べて欧米人の人が少ない(ほぼ見ない)

・なので、英語の必要性もあまり高くないのかもしれない

・気温と生産性は相関がありそう(こんなに暑いと集中できない)

・宿泊先に洗濯機があると超助かる(衣類をたくさん持っていく必要がない)

Google翻訳がすごく役に立った(音声翻訳で簡単なコミュニケーションは可能)

・日本語を学ぶ人がすごく多いそうだ(割合では1番とのこと)

・マッサージが有名だが、元々は盲人の為の仕事だったそうだ

・盲人マッサージを受けたが、とても上手で感心した

・2.6キロ(iPadを含む)と荷物を極力少なくしたが、全く問題がなかった(折りたたみ傘は使わなかった)

・宿泊先に洗濯機があると、すごく助かる

・free wifiが割とすぐ見つかり、あまり困らなかった(初日と最終日以外はairbnbのホストがルーター貸出)

・台湾人は英語がそんなに得意じゃないのでgoogle翻訳で中国語でコミュニケーションがオススメ