AppleWatchの価値は機能だけではない。

私はAppleWatchを着けている。機能的にはかなり満足している。

スケジュールが画面に出る文字盤を採用しているのだが、そのおかげで「予定を脳に記憶しておく」という作業をAppleWatchに丸投げしている。

この機能があるので簡単な事でもスケジュールに入れて、時計を見た時についでに思い出せるようにしている。

(例)ゴミ袋、牛乳を買って帰る.... etc

もともとAppleWatchを買った理由は「電話に気付かない」からだった。

仕事上、電話に出れないと支障が出ることもしばしばあるのだが、室外に出ている時は他の音に着信音がかき消され、電話に気付かないことも多かった。

AppleWatchの場合、電話が鳴ると時計からも音が出るので、今はもう電話に気付かないという事も無くなった。

上記のように機能の面でも十分に満足しているのだが、もう1つ助かっていることがある。それは....

 

いい歳をした大人の男性が着けていても変じゃない時計を3~4万円で提供していることだ。

 

私の周りでも時計が好きな人はもちろん「そうでない人」も、

「意外と時計って大事だよね。相手の時計も気になって見るよ」

と社会人3年目くらいから言い出していた。

私としては、時計をすること自体あまり好きではないこともあるのだが、高級な腕時計を買おうという気もしなかった。

そんな中、AppleWatchが誕生した。

初めは、時計としては「見た目が若干ダサい」と言われていたと記憶しているが、それでも機能の高さから着ける人が増え、今となっては新たなジャンル、「スマートウォッチ」として存在している。

この様に新たなジャンルを確立してくれたことにより、

いい歳して見た目が若干ダサい時計を着けていても、

「あぁ、スマートウォッチ派ね」

と市民権を得ることが出来た。

 

同じような話として、毎日着る服を選ぶのが面倒で「似たような服ばかり着る」という話もある。

 「毎日同じ服だけど洗っているのかな?」

と陰口を言われそうだが、

スティーブ・ジョブズや、マーク・ザッカーバーグが同じような服を毎日着て「私服の制服化」をしてくれた。

彼らのような絶大な影響力のある人が実施してくれたこともあり「私服の制服化」の方も市民権を得ると思う。

服や時計が好きな人はたくさん買えばいいし、楽しむといい。

しかしあまり興味のない人にも選択肢を与えてくれたことは私はとても大きいと思う。