30代は見た目だけでなく立場も変わる

「コンディション調整ってなんですか?」
私は20代中盤だった頃に聞いたことがある。
しかし30代中盤の今、そのような質問はしないだろう。
今はコンディションが悪い日は自分自身がほとんど使い物にならないからだ。
寝ない、食べない、酒をたくさん飲む、前日に無理をする。
このようなことをするとコンディションが悪くなり明らかにパフォーマンス(活動の質)が落ちる。

 

「コンディション調整ってなんですか?」は若い時はコンディションがあまり悪くならないから実感がなく聞いていたのだ。
今は徹夜や二日酔いは「聞くだけで疲れる」ワードだ。

30代中盤を超えると身体の調子を整えておくことも大事な仕事になる。
よく若いときに
「若いね。年取ったら疲れやすくなるよ。」
「若いね。今だったら何でもできるね。」
とか言われると思うけどアレ本当だ。そして私も同じことを若い人に言っている。

30代は見た目だけでなく立場も変わる

また実際30代になってみると、20代の時思っていたよりも大変なのかもしれない。身体が衰えるだけでなく役割が増える。

例えば、
①親から見て私は子供。
②子供から見て私は親。
③奥さんから見て私は旦那。
④上司から見て私は部下。
⑤部下から見て私は上司。
いつの間にか自分は何役もこなしていた。そして30代の男は誰かに頼るよりも頼られることの方が多い気がする。

 

サッカーの岡崎選手(レスター)がプレミアリーグで優勝するなど、イギリスで活躍しているが、実は岡崎選手は現在単身赴任中だ。

「サッカー選手は、いつもどこかでプレッシャーを抱えている。その中で、いつも家族と一緒にいればお互いが気を遣ってバランスが崩れてしまう。サッカーに集中して、家族といるときは子どもたちのために全力で遊んで過ごす。そのバランスが、いまはちょうどいい。」http://www.nhk.or.jp/professional/2017/0612/

単身赴任とは、
①親から見て子供。
②子供から見て親。
③奥さんから見て旦那。
の役割からある程度解放されている状態だと思う(もちろん100%ではないが)。

解放された部分はおそらく奥さんが補っていたのだろう。あの活躍の裏には「集中できる環境を用意する」奥さんの協力が不可欠だったのかもしれない。

基本的には30代で「自分のことだけに集中」できるような人は稀だ。

若いね。今だったら何でもできるね。」は体力的なことだけではなく、

自分のことだけを考えていても許される立場」という意味もあると思う。

 

 

色々大変なので身体のメンテナンスは大事

 

20代の時よりも責任が増え、役割も増える30代を乗り切るにはやはり身体のメンテナンスは必要だろう。

私の中での自分のコンディションを測る指標としては「体重を適正体重に近い数字にする」を大事にしている。体重は僅かな変化でも数字に出るので、コンディションを測る上では、わかりやすい。

過去に1年で15キロほど太ったことがあるのだが、いろいろ不便だった。全くの別人になってしまう。

体が重いのですぐ疲れる。

すぐどこか痛くなる。

足の爪が切りづらくなる。

何を着てもカッコ悪く見える。

たまたま鏡に写った自分を見て少し落ち込む。

など本当に1つもいい事がなかった。

その頃は洋服を買おうと思っても

「すぐ痩せる予定で、サイズが合わなくなるから」

ユニクロばかり買っていた。結局、体重を落としてキープするのは何年か後になってしまったけど。

20代の若い時期に数年ほど太ってしまったのは少し後悔している。

その経験を活かしてこれからはちゃんと身体をメンテナンスして行きたい。

あともうひとつ。私は30代中盤になった今、カズこと三浦知良選手が今もプロでやれているのは本当にスゴい!と尊敬するようになった。