話しやすい人はタダで消費されている?〜グチを聞くのは有料〜

知人が友人から悩み相談を受けている。その相談者は知人にしか話さないらしい。その相談者との話といえばいつも悩み相談(という名のグチ)ばかりなのだという。

 

また、その知人しか友達がいない人がいるらしい。知人以外とは特に遊ぼうと思わないとのこと。

 

「唯一の友達に選ばれたなんてあなたは人望があっていいね!」と思っていたのだが、最近少し考え方が変わった。

 

それってタダで消費されているんじゃない?

 

なぜかと言うと最近こんな話を聞いたからだ。「グチを聞くのは有料」

例えば、キャバクラなどは客の話を聞いてあげる。グチやつまらない話でも。でも「有料」だ。有料だからできるのだ。好きで聞いているわけじゃない。客は高い金を払ってそのサービスを買っているのだ。

 

でも友達だとそうはいかない。飲みに行こうと言われて「有料」もしくは「奢ってくれるならいいよ」なんていつも返答していたら気を悪くされるだろう。

 

だから人は大人になり忙しくなると、グチばかりの友達やつまらない友達とはできるだけ距離をおく。

 

たぶん私の知人に相談してくる人は「他の友達から距離をおかれている」んじゃないの?で、イヤな顔をせず聞いてあげている私の知人なら話を聞いてくれると思っているのではないか?と思ったのだ。

 

それって無意識かもしれないけど、消費されているだけだよね。今はこう思っている。

 

私もたまにはグチを言いたい時もある。友人に「無料で聞いてもらう」ならせめて "おもしろく" 話せるようになりたい。